前へ
次へ

不動産売却をするなら売却の流れを知ろう

不動産売却をするなら、相場を知ることが大切です。相場を知っておかないと適正な価格なのかどうか判断ができないため自分なりに調べておくようにしましょう。基本的には、近隣で不動産売却のため売りに出している家や土地などチェックしておくことで、条件が似たような物件ならば相場なども把握しやすいはずです。相場を把握したら、不動産売却のために不動産会社に査定を依頼しましょう。査定で問題がなければ、不動産売却のための価格の決定をします。この時に相場を知っているか知っていないかで適正な価格をつけられるかどうかなどに違いがでてきます。スムーズに短期間で売却したければ、この価格設定が重要です。その後の不動産売却の流れとしては、媒介契約を結び、売却活動を行うことになります。そして、購入したいという人が現れた場合には、買付申込書を不動産会社から受け取り、手付金の確認や引き渡し希望日など不動産会社をはさみつつ調整しておき、問題がなければ売買契約をむすぶことになります。売買契約が住めば引き渡しの日を待つだけです。このように一連の流れなども不動産売却を行うには、覚えておくといいでしょう。

Page Top