前へ
次へ

不動産売却は売却プランを考えることが必要

不動産売却は、トラブルが起こる心配なく、スムーズに売却を進めることができるようにすることも重要になり

more

不動産売却は地域密着型を選ぼう

不動産売却を考えて、一括査定サイトを利用してみたこともあります。相場などを知ることはトラブルを回避す

more

不動産売却では建物の状態もポイント

不動産売却では、空き家も含まれます。空き家の場合には建物の劣化が懸念材料になるので、不動産売却が不利

more

任意売却による不動産売却のメリット

住宅ローンの返済が滞っていたり、住民税や固定資産税などの税金を滞納すると、金融機関や市役所などから督促状が届いてしまいます。住宅ローンの返済が難しくなったり、離婚に伴う引っ越しなどを考えており、不動産売却を検討している人が多いです。金融機関や市役所の督促状を放置しておくと、住宅が競売に掛けられてしまいます。競売による不動産売却は、平均的な相場よりもかなり下がってしまいます。競売に掛けられる前に、任意売却による不動産売却を検討すると良いでしょう。金融機関や市役所などで、相談に乗ってもらえます。任意売却による不動産売却のメリットは、市場価格並みに、住宅を売ることが出来ます。しばらくは家に住み続けることが出来ますし、引っ越し代などを負担してもらうことが出来ます。任意売却による不動産売却は、競売に比べると多くのメリットがあります。競売の場合は、近隣住民に知られてしまいますが、任意売却はプライバシー保護を重視しているので、他人に知られる心配はありません。収入の減少や離婚を予定している場合は、まずは相談をしてみると良いでしょう。電話や窓口などで相談が出来るので、不安や悩みを聞いてもらうと良いでしょう。任意売却による不動産売却をした後でも、多少は残債務が残ってしまいます。競売に比べると、不動産を高く売ることが出来るので、残債務を減らすことが出来ます。計画的に債務を返済することが出来るので、多くのメリットがあります。住宅ローンは25年から35年と長期に及ぶので、病気や怪我による収入の減少、離婚、ライフスタイルの変化などが原因で、返済が困難になることがあります。信頼できる金融機関や、不動産会社を選んでおくと、わかりやすく丁寧な説明を受けることが出来ます。はがきや電話などで督促状が届いてしまったら、まずは兄弟姉妹、両親などに相談をすることが大事です。周囲の人からアドバイスを受けることで、最適な方法を選ぶことが出来ます。

安心して住めるお家を橿原 でおつくりしています

住宅ローンの本審査に通過するまでの流れを解説しております

Page Top