前へ
次へ

不動産売却には税金の知識が必要になる

不動産売却は高額な売却益を得られる可能性がありますが、大きなお金が動くことで税金も多くかかるケースがあります。最初の段階から不動産売却で発生する税金について把握をしておかないと、想定外の出費が発生することもあるので注意が必要です。不動産売却のときには印紙税と譲渡所得税の他に住民税が発生することになりますが、売買契約時に印紙税と譲渡所得税を負担することになり、確定申告をするときに住民税を負担することになります。不動産売却で得られた金額をすべて手に入れられる訳ではなく、税金の負担をして手元に残ったお金を自由に使うことができます。印紙税と不動産売却で発生する金額に左右されることになるので、契約金額が大きくなると税負担が増していきます。ただ数億円程度の契約金額でも数十万円程度の税金で済むので、そこまで大きな負担は発生しません。譲渡所得税や住民税に関しても売却によって利益がでたケースに税負担をすることになるので、購入時よりも価値が下がっているなどの条件であれば税負担をせずに済むこともあります。不動産売却で利益を得ることで、税負担が発生することになりますから、その点を意識して行動していくのが大切です。

Page Top